トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


まるまる通信 #422 2007・9・13

●たった2行だけど・・・・。
昨日の午後1時前、議員会館の部屋で同僚議員と話をしていると「安倍総理が辞めると言ってる!」との一報が入りました。みんな一様に「えっ!」というのが正直な反応ですが、いったいどういうことなのか、まったく様子が分からず、すぐに国会の中へ出向くと、廊下を走り回る人がいたりしてタダならぬ雰囲気になっていました。衆議院では本会議開会直前でしたから、代議士総会の部屋に行くと皆呆然としていて、いったいどうなっているのか彼らもわからず、情報を取りに行った私に事情を聞いてくる状態でした。その後の動きは報道のとおりですが、月曜日に行われた所信表明演説で衆議院では全文を読んだのに、参議院の本会議では2行を読み飛ばしたということが問題になりました。その2行は、「来年開催される北海道洞爺湖サミットでさらなる前進が得られるよう、引き続き、リーダーシップを発揮してまいります」という部分。非常に重要で、安倍さんも一番固執してきたところですから、本当に読み忘れたのか?意図的に読まなかった?のか、本会議場でもいろんな意見が出ました。しかし、衆議院では読んでいたため、やはり読み忘れたんだろうということになり、与謝野官房長官から陳謝と議事録の変更の依頼がありましたが、読んでもいないことを議事録に入れるわけにもいかず、今日行われる予定だった本会議での代表質問の時に安倍総理が一言付け加えるということになっていました。そんなやり取りがあって、昨日の辞任発言から、衆議院では読んだものの参議院ではヤジも多く、「もうこの部分は読めない・・・・。」と思った?のではないか、という分析がしきりです。この所信表明演説は閣議決定事項でもありますから、アドリブが効かないということで、たった2行の文章ではありますが、されど2行の文章は歴史的な意味を持つ2行となってしまいました。自民党の総裁選挙はこれから動くようですが、会館で会う自民党の人たちは一様に暗い表情で、中には「もう民主党に政権まかせるよっ!」などと投げやりなことを言う人までいて、果たしてこんな状態で国は動いていくのか・・・。政権交代を目指す我々ですが、こんな無責任、無政府状態そして究極のムダは国民にとって不幸な状態です。早くまともな状態に戻さなくてはなりませんが、我々はこれに関わらず、この国会で出す予定の法案の準備作業を急いでいます。参議院選挙で約束したマニフェストの具体的な実現を進めなければなりませんから、来週は国会は開店休業状態になるかもしれませんが我々はさらに忙しく動きまわることになりそうです。しかし、これはあまりにねぇ・・・・・・・。
●「BSE検査をやるな」って?
今朝早くに民主党の農林水産部門会議で厚生労働省が出した通達文書が問題になりました。これまで日本では牛のBSE全頭検査が行われてきて、国産牛の安心が強調されてきました。地方自治体が自主的に行う全頭検査には国庫補助が出されてきていましたが、20ヶ月以下の牛については3年間の経過措置が終わったということで補助が出なくなりました。そこで三重県でも独自に予算を立てて、全頭検査を続行することで、松阪肉の安全性を強調していますが、8月31日付で出された厚生労働省の通達で「20ヶ月以下の牛まで検査をすることはかえって消費者の不安と生産流通現場の混乱を生じさせるから、検査をするな」という指示が出されたのです・・・。しかし、19ヶ月の牛でもBSEが発生している事実もあり、地方は独自の努力で検査を続けているのを止めさせるというのは食品の安全ということを考えても、地方の独自性ということを考えても国の越権行為では
ないか、と問題になったのです。そして、最後のところで農水省にも止めさせるための協力を要請しているのです。食の安全を守るための厚生労働省と農水省、果たしてこんなことでいいんだろうか・・・?大臣が次から次へと変わる間に役所ではこんな文書が出ているなんて一体、食の安全ということをどう考えているのか?この問題はいつになるか分かりませんが、農水委員会で取り上げられることになりそうです。