トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


まるまる通信 #409 2007・1・23

        ☆今年もよろしくお願いいたします。

●通常国会
いよいよ25日から通常国会が始まります。今年もあっという間に1ヶ月が過ぎようとしていますが、日曜日のそのまんま東ショックのまま愛知県で知事選挙が進んでいます。このショックが愛知県知事選挙にどういう影響が出るのかわかりませんが、国民が今のままでは駄目だということは感じていることと思います。25日からの通常国会では国民投票法案などの法案が出される見込みですが、共謀罪など安倍総理はなぜそんなに急ぐ必要あるのか理解に苦しみます。ホワイトカラーエグゼンプションという残業代にかかわる法律は選挙前ということで見送られたようですが、どうも安倍総理の感覚と我々の感覚がズレているように思います。ただ単にズレているだけならいいですが、危険な方向に行かないか心配で、この通常国会でも慎重な論議が必要だと思います。
さて、25日は開会式が行われ、実質的には29日から衆議院で所信表明演説にかかわる代表質問が行われて論戦がスタートすることになり、冒頭は補正予算の審議が行われます年末の推計では税収が伸びていることと、障害者自立支援法にかかわる激変緩和措置など補正で行われるものもあり、本予算の審議は2月に衆議院から始まります。しばらくお休みしていたメルマガも定期的に送らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
●御園座公演
今日の午前中、衆議院議員の森本哲夫後援会主催で、名古屋にある演劇場御園座の観劇会が行われました。昨年までは一志郡選出の松田直久県議後援会で行っていた行事ですが、松田さんが津市長に当選したため、森本哲夫衆議院議員の後援会で引き継ぐことになりました。御園座は東京で言うと新橋演舞場のようなもので、1ヶ月のロングラン公演が行われる常設の劇場で、毎月有名な俳優が出演するため、なかなかの人気です。そんな公演になかなか行くチャンスもないため、毎年楽しみにしている人も多く、今回も1500人の定員はあっという間に埋まってしまいました。昨日松田市長が地元で床屋さんへ行くと、入りきれないくらい一杯だったそうですが、なぜそんなに混んでいるのかと思うと、みんな今日の観劇ツアーのためのオメカシだった・・・?という話。今後は高齢者が増え、こういうイベントの需要はますます増えることと思いますが、我々もイベントの中身を世代に会ったものにしていかねばなりません。この御園座の観劇ツアーは慣れたもので、名古屋の市議会議員を始めとする東海地区の政治家が頻繁にやっていて、劇の前に同じステージ場で挨拶をさせてもらいます。もっとも観客のほとんどは我々を見に来ているわけではないため、視線が痛く早々に挨拶を終えて帰ることになります。なかなか泥臭いこんな方法で、とも思うのですが、なかなかの人気を見るとやはり、一人ひとりのこういう方法でのつなぎ止めが重要だということを痛感します。