トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


まるまる通信 #407 2006・12・14

●会期末ですが・・・・。
いよいよ国会の会期末が迫ってきました。9月26日に始まった臨時国会は12月15日までとなっていますので、残りはあと1日なのです。しかし、どうしても教育基本法を通過させたい安倍総理としては会期を延長してでも、という雰囲気のようで、あと2日で会期末というのに、今日の段階でも最後がどうなるのか、国対の担当者でもよくわからない状況になっています。安倍さんとしては支持率がじりじりと下がり始めているため、「指導力を発揮して教育基本法を通過させた!」、と言いたいんだと思います。しかし、そんなに急ぐものなのか、未だに疑問は解けていません。今、行われている参議院の教育基本法案特別委員会で、友人の桜井充参議院議員が質問に立っています。彼の論法はなかなか鋭く頼りになる同僚議員です(時に過激になりますが・・・。)が、彼に対する安倍総理の答弁を聞いていると、総理就任当時の期待感が沸いてこないのは私だけなんでしょうか・・?
今日14日にも麻生大臣の核保有発言に伴う、不信任が出されるような動きもあり、おまけにインドのシン首相が国賓として来日していて、明日衆議院の本会議場で演説をする予定もあり、ぎりぎりの攻防が行われています。ひょっとしたら、会期延長ということになりそうですが、議員の本音は「12月はただでさえ忙しいのに、早く地元に帰らせろ!」ということだろうと思いますのでそんなに長い延長はできない・・・。となると、4日間の延長という話もありますが、土日をはさむと実質2日しかなく、いったいなんのための延長なのか・・・・。
●本会議採決
そんな状況の中、昨日の午前中に参議院の本会議が開催され、いくつかの法案が成立しましたので、ご報告します。まず、※貸金業の規制等に関する法律の一部改正これは、サラ金のグレーゾーン金利と言って、違法ではないけど異常に高い金利で貸していて問題になりました。しかし、この法律が成立するにあたっては、与党議員にサラ金側から献金が行われ、当初案よりもかなり骨抜きになっている法律で、多くの問題を含んでいます。このため、17項目もの付帯決議が付されました。しかし17項目も付帯決議が付くというのは、まさに法律の不備を最初からわかって作っているようなものです。その上、金融庁が今日営業停止が発表された三洋信販にリークしていた問題なども明らかになり、グレーゾーン金利と言うよりも、グレーゾーン法?
※建築士法の一部改正
この冬、問題になった偽装建築のことを受け、建築士の資格を構造専門分野を作ったことと、建築士を取得した後も定期的に研修を受けさせるというものです。そういや、あのカツラの建築士?どうしたんでしたっけ・・・。
※観光立国推進基本法観光立国のための国の役割や、地方自治体の責務などを定めるものですが、相変わらず中央集中の考えで、地方分権の観点には欠けています。が、まあ一定の進歩ではあります。この他にも外資系企業の献金を受けられるようにする、※政治資金規正法の改正※道州制特区推進法、※外為法により、北朝鮮からの輸入物資の検査を
厳しくする措置、の承認などが今日の議題でした。詳しい資料が必要な方はご連絡ください。