トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


まるまる通信 #405 2006・11・11

●園遊会
例年、春と秋の一番雨が降らない時期に園遊会が行われます。テレビでも今年は誰が招待されたとか報道されますが、今年の秋の園遊会は一昨日行われました。国会から近い、迎賓館の裏(迎賓館が裏かな?)にある赤坂御苑の広い庭で全国からいろんな人が招待され、昼間のひと時を過ごすわけです。招待される人はさまざまで、各県からもそれぞれの立場の人が招待される訳ですが、三重県からも何人かが来られていました。桑名市長、四日市市議会議長、南伊勢町長、鳥羽商工会議所の中村鳥羽水族館の名誉館長など、行政に関わる人が多く、ほとんどが夫婦で参加で、奥方は着物を新調したりしてここぞとばかりに着飾っての参加となり、まるでお連れ合いの品評会?みたいな雰囲気で進みます。普段迷惑をかけている男たちは、奥さん孝行だと割り切っての参加で、ひたすら写真を撮っている人も多く、めったにしないサービスをしている姿はなかなか地元では分からないのでおもしろい風景でもあります。今年の招待客で一番の注目はソフトバンクの王監督でした。いつもテレビではそういう有名人と天皇陛下が会話をする姿が報道されますがあそこだけロープが張ってあって指定席になります。当然一番いい場所で、他の人は自由席というよりも庭の中ですからどこに立っていてもいいわけですが、みんな王監督の近くに行こうとして、この一帯は大渋滞になります。その一番の場所にはテレビカメラが何台も並び、王監督と陛下の会話を一生懸命聞くわけですが、現場ではほとんど聞こえなくて、「何をしゃべってるんだろう?」などと言いながら遠巻きにして見ているわけです。
結局、会話の内容は後でテレビニュースを見て分かるわけですが、そのメインのところが終わると延々と着飾った人たちが順番に並んで、広い池の回りを一周していくわけです。その並んでいる人たちは役所のエライさんだったり、大使館の人だったりして、陛下を先導する人が、ひとりひとり紹介して1周します。その1周が終わるのに約1時間以上かかる散歩になりますが、もう最初にいた人たちはほとんど途中で帰ってしまい、最後まで立って待っているご夫婦も大変だし、皇族の方々も延々会釈をしながら歩くのも一仕事です

●アマリ長くしゃべるなっ!?
昨日の午前中に本会議が行われ上記の消費生活製品安全法の一部改正案というものが提案され、甘利経済産業大臣の趣旨説明と代表質問が行われ消費生活製品安全法とは、あのパロマ事件を思い起こしていただくとわかりやすいと思いますが、20年前からパロマのことは経済産業省も情報をつかんでいたのに、何もしてこなかったわけで、今さら法律改正でお茶を濁すようなやり方です。PSE法という法律が今年から施行され、春には大騒ぎになりましたが、どうも場当たり的で、抜本的な対策になっていないという指摘もされています。来週、委員会で審議が行われますが、詳しい資料が必要な方はご連絡
下さい。さて、この法案の趣旨説明と代表質問の答弁に立ったのが、甘利(あまり)
経済産業大臣です。悲願の大臣だそうですが・・・。大臣が出てくるとあちこちから「あまり長くやるな〜!」とのヤジが飛びました。「甘利」と「あまり」をかけたダジャレと思って笑いが起きましたが、答弁を始めると、官僚の原稿を棒読みで、それもしょっちゅう詰まって、答弁がなかなか進みません。そのうち自民党席からも「しっかりしろっ!」とか「早く読めっ!」などとのヤジが飛び始めました。大臣が忙しいのもわかるけど、本当に分かって答弁しているんだろうか・・?今日の本会議では人事院勧告に伴う一般職公務員と特別職公務員の給与法案が通過しました。詳しくはご連絡下さい。