トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


高橋千秋のまるまる通信#436

●どこに座るの・・・?
先日15日に臨時国会が終わったばかりですが、2日間の長い?休みを終えて、今日から第169回通常国会がスタートしました。ご存知のように参議院議員選挙を経て、秋の臨時国会もすったもんだの末、戦後3番目に長い臨時国会となって、いったいいつになったら終わるのか?と言っている間にもう始まってしまいました。普通なら通常国会の開会日には新たな気分で、と言うことで着物を着てくる方も多く、少し華やいだ雰囲気でスタートするものですが、民主党、自民党それぞれが、この2日間の休みを利用して党大会が行われ、どちらも厳しい決意が表明されて正月気分には程遠いものになっています。
今日の午前10時から座席指定という議員が本会議場で座る位置を決める本会議が行われました。毎回国会開会日の開会式前にこの儀式のような本会議が開会されますが、今まであまり意識したことがないというのが本音です。しかし、今日のこの儀式には大きな意味がありました。と、言うのは、本会議場の位置が民主党と自民党がそっくり変わったのです。今までは本会議場の議長に向かって右側に自民党と公明党、左側に民主党という位置になっていましたが、昨日の議員運営委員会でこの座る位置をそっくり変えるということになったのです。ただ単純に座る位置が変わるだけなのですが、それは大きな意味があって右側に第1党が座るという慣例になっていたため、参議院議員選挙後もこの交渉が続けられてきましたが、与党にとってこの位置を明け渡すというのはいかにも落ちぶれたような気分になるのか、かたくなに拒否をしてきました。しかし、議会はやはり数の世界ですので、通常国会が始まるまでに、ということで昨日ギリギリの交渉が行われて、そっくり座る位置を交換することになったのです。ところが、私も議員生活8年目で始めて右側に座るため、我々も自民党の議員も混乱して、本会議場の外でも中でもみんなウロウロ、ゴッツンコしながら自分の席に到着していました。本会議場の位置は変わったのですが、本会議に入る前に行う議員総会の控え室はまだ自民党が抵抗しているため、今のままでは本会議場に入る前に交差することになってしまうのです。当面はこの状態が続きそうですが、今度は控え室の交換・・・・?さて、今日は午後1時から開会式が行われ、午後3時25分から総理以下関係3大臣の所信表明演説が行われます。通常であれば今朝の段階でその所信表明演説の原稿が我々にも届いているはずなのですが、今回はまだ届いていません。午後3時25分から行われる本会議直前に届いて、我々が本会議場の中で配布するそうですが・・・・?果たしてダイジョウブ・・・???