トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


高橋千秋のまるまる通信#433

●「よいお年を」と言いたいところだけど・・・。
明日12月15日で現在の臨時国会は会期末を迎えるはずでした・・。
「はず」と言うのは、昨日与野党幹事長会談など、いくつかの折衝が行われて、その中で会期再延長の申し出があったからです。会期というのは申し出だけで延長になるわけではなくて、今日行われる衆議院の本会議で会期延長の議決をしなければならず、現在新幹線の中でこれを書いている時点ではまだ会期延長は正式に決まっているわけではありませんが、今の衆議院の状況を見れば会期延長はそのまま決まることになると思います。参議院では、本来最後となるはずの本会議が今日の午前10時、つまり定時定刻に開会され、3つの法案の採決が行われましたが、その本会議に先立って行われた、議員総会ではさまざまな意見や報告がありました。その多くがこの会期延長のことでした。過去、会期の延長は何度も行われていますが、今回の会期再延長を入れると、この臨時国会の会期は128日となり、過去の歴史の中では3番目に長い臨時国会になるそうです。一番長かったのが、竹下内閣が消費税導入でもめた時、その次が細川内閣の政治改革でもめた時だそうで、その2つとも内閣は持たず、辞職し総選挙になっているそうで、今回の福田内閣も同じ運命をたどることになるのでは?とも言われていますが、昨日の福田総理の答弁を聞いていても、もう持たないのでは?とも思ってしまう状態にあります。さて、今回の臨時国会の延長は31日間だそうで、1月15日までとなります。これは衆議院を通過した新テロ法について、参議院で審議をしない場合、60日制限というのがあるため、そのぎりぎりの日をえらんだようです。過去の越年国会を見ると、12月28日までやって、1月4日から再開という経験があるようですが、現実にはなかなかそんなギリギリまでやれるかどうかわかりません・・・。しかし、「年末は実質休会になる?」という話を幹部がしたら、「そんな気構えじゃだめだ、正月でも委員会をやろう!」というような意見も出て、実際、参議院の予算委員長からは1月2日にやろうか?などという話もあったそうですので、タダでさえ忙しい国会ですが、年末年始もなくなりそうです。それならいっそのこと、大晦日の夜に委員会か本会議をやって、紅白歌合戦の中で生中継でもしてもらったらどうか?という話をするとみんな乗ってきて、「そうか、まあ一種のテレビ入り集中審議?」
「ついでに歌手出身議員に演壇で歌ってもらうか・・?」などと言う話になりましたが、果たしてどうなるやら・・・・。国会が越年となり、正月も会期中となると、「正月は海外で」と思っている人たちも海外渡航の許可がないと海外に出られません。一時、正月はハワイというのが芸能人の間で流行りましたが、国会議員の中には海外にホテルを持っている人もいて、海外で過ごす計画を組んでいる人も多く、波紋を呼んでいます。つまり、許可をもらうとき、渡航目的を書かねばならず、いつもは「政治経済事情視察・・?」などと書くわけですが、正月の渡航は明らかにOFFで行く人がほとんどですから、なんと書くんだろう・・・・???
まさか「正月だからハワイ」と書くわけにもいかないでしょうからねぇ・。
●本日の本会議通過法案
本日の本会議で通過した法案を報告します。
※借地借家法の一部改正
   事業用の建物の所有を目的とする定期借地権の存続期限の
   上限を20年から50年に引き上げて、土地利用を円滑化させる
   というもの。
ちなみに、この法案は委員長提案で自民党・公明党・民主党の賛成で成立しましたが、その委員長である公明党の議員が本会議に遅刻し、委員会報告を代理が行うということになって、一時議場はザワザワとしました。委員長提案ですから、その提案者がいないというのも締まらない話で緊張感に欠けている?
※犯罪利用預金口座等にかかる資金による被害回復分配金の支払い等に関する法律
  って名前は長いけど、要は振り込めサギの被害者と加害者が分かった時、今は分かっていても簡単に被害者にお金を返せないようになっているための措置です。
※鳥獣による農林水産業等の被害の防止の特別措置法
  最近サルや鹿などの農産物などの被害が増えているため、国が指針を作って市町村の権限を多くするなどの緊急措置法です。
詳しい資料が必要な方はご連絡ください。