トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook


まるまる通信 #427 2007・10・26

●食えない・・?
昨日の参議院農林水産委員会で久しぶりに質問に立ちました。久しぶりというのは、国会に当選してからすぐに農水委員会に所属して何度も質問に立ちましたが、その後は総務委員会が長く、久しぶりに農水委員会に戻っての質問に立ったからです。今回は参議院議員選挙で農業の戸別所得補償をマニュフェストに提示して選挙を戦ったということもあり、確実にその政策を実行していくためにも象徴的な委員会となって、私もその法案の発議者となって連日の会議を続けていますが、ようやく来週には審議に入れる?のではという雰囲気になり、被災者生活支援法とともに大忙しの毎日です。その農水委員会で、平野達夫参議院議員が米問題を中心に質問しましたので、私は今大きな問題になっている「食の安全」というテーマで質問を行いました。ご存知のようにミーとホープの社長が逮捕されたり、比内鶏の社長が行方不明になったり、私の地元の赤福も大変な騒ぎになっているためさまざまな質問を準備していきましたが、結果的には厚生労働省の役人の対応で終始してしまい、ほとんど時間がなくなってしまいました。と言うのは、厚生労働省が8月末に各地方自治体に対して、ある通達を出しました。その内容は20ヶ月未満の牛に対するBSE全頭検査を止めるようにという指示でした。その理由は20ヶ月未満の牛については安全だという判断で、これまで20ヶ月未満の牛の検査に対しても国が地方に補助金を出していたのを来年の7月でストップするということを決めていて、これ自体も問題ですが、その後もそれぞれの自治体は独自に検査を続けることを決めているところもあり、それも実行する県としない県があるとかえって不安をあおるという理由で、「地方にもやるな!」という指示なのです。これは食の安全ということからも後退だし、ましてや国が地方にそんな通達を出すこと自体が越権行為なのです。そんな批判が高まっていることを具体的に提示して、厚生労働省の食品安全部長に質問を繰り返しましたが、「私がその文書を出したから一番分かっている」と胸を張りながら、しかし、まったく反省の言葉はなく、間違っていないと繰り返すだけで、本当に食えないのは役人?だということがよく分かりました。食えないのは牛肉だけではなかった・・・・?
詳しい内容は参議院のホームページで見てください。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/index.php