トップに戻ります
TOPページ プロフィール 政策について 千秋のコツコツ日記 まるまる通信 高橋チャンネル 高橋Facebook

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月

RSSを追加


2009年10月30日(金) 謹聴会、今月は姜尚中(カンサンジュン)さん
2009年10月30日(金) 謹聴会、今月は姜尚中(カンサンジュン)さん
(姜尚中さんの話を聴きました)

不定期ではありますが、月に1回ほど各界の著名な方々にほとんどギャラなしで話を聞かせてもらう会を中堅の議員で主催しています。

それが謹んで聴くということから「謹聴会」(きんちょうかい)という会で、早朝から朝食を食べて話を聞かせてもらっています。

この会は民主党の議員暦10年くらいの仲間が主催して、新人の方々に党の研修とは違う意味で知識を増やしてもらおうと、幹事の人脈だけで頼める方々に、ほとんどノーギャラで来てくれと頼んでいる無茶な会ではありますが、これまでに30人以上の有名な方々に参加して頂いています。

今回の衆議院議員選挙で新人が大幅に増えたため、今回は何人の方に声をかけるのか難しいところではありましたが、この新人も幹事の独断と偏見だけで選んで来てもらいました。

ただ朝が早いので中には来なくなる人がいるため、そういう人はどんどん名簿からはずして、本当に勉強したい人だけに来てもらうようにしていますが、今の所どんどん人が増えていて今後どうしていくのかが課題でもあります。

さて、今日は時々テレビにもコメンテーターなどで出ている東大の大学院教授で作家でもある姜尚中(カンサンジュン)さんでした。

テレビで見るように非常に穏やかなしゃべり方の方ですが、非常に熱く、約1時間民主党のあり方を中心に講演をしてくれました。

多くの若い議員たちも熱心に話を聴いていて、最後には質問もたくさん出ていました。

姜尚中さんは在日韓国人として日本と韓国の両方の政治についても非常に精通していて、日本と韓国の政治状況や経済、文化などを冷静に比較しながらしゃべる姿は私より少し上の世代の方ですが格好いい人です。

ちなみに最近出された「悩む力」という新書がヒットしていますが、彼自身としては少し薄い本になっているけど、最近のサラリーマンや政治家もなかなかじっくりと本を読む時間が無くなっていて、唯一じっくりと読めるのが新幹線の中ではないか?と言うことで、新幹線に東京から乗って名古屋までに読み終えるボリュームの本を出したかったそうで、まさにこの本がその東京→名古屋間の時間に読んで欲しいそうです。

私も今日三重県に戻るので、新幹線の中で読んでみるかな・・・・・。

2009/10/30 03:24:12 | コメント 0件 | この記事のURL



2009年10月29日(木) 日本自動車工業会との朝食会
2009年10月29日(木) 日本自動車工業会との朝食会
(日本自動車工業会の方々と朝食会で意見交換しました)


先日、経産省の税制ヒアリングで自動車工業会からも来ていただいて、エコカー減税の継続などの要望事項を聞かせてもらいましたが、今日は改めて各社の代表が集合して政務三役と朝食を食べながらの意見交換会を行いました。

朝食付きとは言うものの、連日早朝からの会議はしんどいものですが、直島大臣の方針として、可能な限りいろんな方々に会って話を直接聞こうということで、いろんな方々と時間を調整しながら会って話を吸収する努力を続けています。

先日は中小企業団体の方々からも話を聞きましたし、成長戦略検討会議では学者の方々や企業のトップ、シンクタンクの代表などから長期戦略的な話を聞かせてもらっていますが、国会が始まってもなるべくそんな機会を持っていきたいと思っています。

なお、今日から参議院でも本会議での代表質問が始まりました。

新政権として初めての代表質問であり、民主党閣僚の答弁だからどんな風になるのかと思っていましたが、みんな自分の言葉で答弁をしている姿は新鮮で頼もしく思います。

来週には予算委員会も始まりますし、常任委員会も始まりますので、細かい点をどうやって答えていくのかこれからが勝負?です・・・・。

そして夜にははCO225%削減に向けて提唱した「鳩山イニシアティブ」の第1回プロジェクトチーム会合が総理官邸で行われ参加してきました。

総理官邸で昔からなじみのメンバーで会議するのはなんか変な気分ですが、身が引き締まります。

2009/10/29 14:54:44 | コメント 0件 | この記事のURL



2009年10月28日(水) モロッコ
2009年10月28日(水) モロッコ
(モロッコ大使のご挨拶。後ろの方は日本人のモロッコ音楽奏者)

モロッコってどこにあるかご存じですか?

映画の「カサブランカ」だとか、昔は性転換手術で有名になったアフリカの北部にあるアラブ系の国ですが、アフリカと言うよりも地中海に面したアラブの国といった方がいいかもしれません。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、モロッコは人口3000万人を超えるアフリカの中でも大国になるかもしれない王国で、最近の経済成長率も5%を超えていて、今後の市場として注目される国です。

そのモロッコ王国から外務省の次官とアジア・オセアニア局長が来日され、交流をさらに進めるため「日本・モロッコ共同委員会」なるものが今日と明日開催されたのです。

今日1日経産省の関係者も参加して様々な論議を行った後、大使公邸で懇親会があり参加してきました。

先日はサウジアラビア大使館を訪問しましたが、同じアラブでも少しソフトなイスラムだそうで、雰囲気も地中海?の大使公邸です。

そんな会に登場したのが写真の奥でギターのような琵琶のような楽器と変わった音色の縦笛を持った女性が二人。

彼女たちは日本人ですが、モロッコ音楽の奏者でBGMとしてモロッコの音楽を演奏してくれて、外務次官も飛び入りで参加して演奏をしていましたが、日本人にもモロッコ音楽をたしなむ人がいたことにびっくりではあります。

さて、今日も夕方には経産省の政策会議が開催され、先日行った経産省の税制ヒアリングの結果を受けて、3回目の議員による論議の最終回を行いました。

それぞれの議員からは中小企業を元気にしなければ日本は元気にならないという意見が出され、細部にわたっても様々な意見が出されたので、これを集約して明日の政務三役会議で最終とりまとめを行って30日の政府税調に経産省の意見として提出する予定です。

予算の組み方を変えるとともに税制度のあり方も大幅に見直して行かねばなりません。

これからがヤマ場です・・・・。

2009/10/28 05:56:43 | コメント 0件 | この記事のURL



2009年10月27日(火) 小さな大使IN中国大使館
2009年10月27日(火) 小さな大使IN中国大使館
(小さな大使たちの太極拳。なかなか格好いい・・・・!)

イオン株式会社では1%クラブというのがあって、イオングループの税引き前の利益の1%を国際的な子供たちを育てたり、環境に取り組む活動などに使おうという趣旨で活動を続けています。

http://www.aeon.info/1p/top.html


このクラブは設立20周年を迎え、先日東京のほいてるで過去にこの会で招待されて日本に来た海外の人々が再度日本を訪問してお祝いの会を行いました。

このクラブの招待で日本に滞在し、若い時に日本の文化に触れてもらうことで日本のファンになってくれるし、逆に日本の学生はこのクラブを通じて世界へ出ていくことができるわけです。

そんな活動を20年続けることで海外に多くの日本ファンを作り続けてきて、20年たって再度日本を訪問してくれた学生たちはすでにそれぞれの国々で弁護士や企業家、官僚などになってそれぞれの国々の中心となって働いている人もいたりして、今後が楽しみです。


これに参加している国々はアジアが多いけど、特に中国からはたくさんの学生が来てくれて、今回は中国から多くの高校生が来てくれて、中国大使館で日本の高校生も入って交流パーティがありました。

それぞれの儀式が終わって、そろそろ帰ろうかと思うと、今から太極拳を披露してくれる準備をしてる高校生たちが控え室で練習をしていたのです。

彼らは今日のために練習を重ねていたようで、ポーズはなかなかのもの、いかがでしょうか・・・・・?

さて、今日は第2回の成長戦略検討会議が行われ、東大の先生やコマツの会長ら錚々たるメンバーに集合してもらって2時間のレクチャーを受けましたが、その中でもやはり中国は見過ごせません。

そんな中で中国とは通商上も様々な問題を控えていてこれからも難しい交渉が続きそうですので、地道にこんなファンを多く作っていくということが重要な要素になってくいると思います。

謝々・・・・・・・!

2009/10/27 06:58:23 | コメント 0件 | この記事のURL



2009年10月26日(月) いよいよ臨時国会スタート
2009年10月26日(月) いよいよ臨時国会スタート
(議員会館で中小企業金対策についての政策会議を開きました)

今日から政権呼応対語初めての本格的な論戦となる臨時国会がスタートします。

新政権になって1ヶ月と少しの間、怒濤のような日々でありましたが、いつの間にか過ぎて準備はまだ十分とは言えないけど、論戦はこれからスタートです。

早朝から経産省の政策会議を終えてから、参議院の議員総会、本会議で議席指定という儀式をやってから両院議員総会、開会式が終了してからオートレースの陳情、そして所信表明演説の本会議へとどんどん進んでいきます。

今回は政権交代後初めての論戦と言うことで、どんな雰囲気になるのかと期待をしていましたが、本会議場にはいると、ひな壇にはずらっと民主党の議員が並ぶ姿はまさに政権交代が実現したんだ、という雰囲気になります。

しかし、まだその姿に慣れないからか、妙な気分に浸りながら52分という非常に長い、異例な鳩山総理の所信表明演説でした。

後でマスコミや野党からは情緒過ぎるとか具体性にかけるという評価もあったようですが、私は非常に思いがこもったいい演説だったと思います。

最後に衆議院ではスタンディングオベーションだったそうですが、参議院ではスタンディングにはならなかったものの非常に熱気にあふれた本会議は私が当選して10年にして初めての雰囲気でしたので、これからの期待が高まります。

ただ、残念なのは一部の野党議員野中に延々と演説に関係のないヤジをだらだらと言い続ける人がいて、演説が聞き取りにくくなってしまうことです。

ヤジは国会の花とも言われ、タイミングのいい、絶妙なウイットに富んだものは必要だと思いますが、ずう~っと雑談のようにしゃべり続けるヤジはヤジとは言えないもので、国会の論戦に水を差すもので、最高の府と言われる参議院であのようなことを延々続けている姿は子供たちに見せられないようなもので、非常に残念です。

2009/10/26 12:57:06 | コメント 0件 | この記事のURL